オレンジの世界

ホーム プロフィール ブログ オレンジフォト オレンジアート オレンジグッズ オレンジリンク メール

2012年02月11日

「オレンジ」という呼び名の由来 今日のオレンジ(516)

0516「オレンジ」という名前の由来1.jpg
(PEN E-P1+M.ZUIKO 17mm)

オレンジという単語の語源は、
スペイン語でオレンジの木を意味する「naranja」からきているそうです。

英語圏の人々はこの単語を使い続けていくうちに
「naranja」の語頭の「n」を発音しなくなり、
徐々に「orange」という単語になったようです。

また「orange」という名前は果物を指すだけでなく、
「オレンジ色」を現す言葉としても使われるようになったのですが、
それ以前は「geoluhread」と呼ばれており、
「黄色がかった赤」という意味で使われていたそうです。

ちなみに最初にオレンジの果実の種が、
コロンブスによってヨーロッパに持ち込まれたのは1493年。

16世紀に入ってから「orange」という言葉が生まれたそうなので、
約500年使われている言葉なのですね。

0516「オレンジ」という名前の由来2.jpg

参考HP
http://gigazine.net/news/20110111_orange/

以前紹介しました「オレンジ」の記事はこちら。
http://orangeworld.seesaa.net/article/168636821.html

ちなみにウィキベディアの「オレンジ色」では、
外部リンクで「オレンジの世界ブログ」がリンクされております。


オレンジが好きな方は下のボタンを押して頂けると嬉しいです!
(ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


ブログをお持ちの方は下のボタンをクリックすると足跡を残せます。
よろしければクリックをお願いします。こちらからも伺います!



posted by ガミ at 06:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | オレンジ色の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。