オレンジの世界

ホーム プロフィール ブログ オレンジフォト オレンジアート オレンジグッズ オレンジリンク メール

2010年10月07日

オレンジ色を定義する(色の三原色と光の三原色)今日のオレンジ(80)

以前「オレンジ色を定義する(基本編)」でご紹介しましたが、
今回は「色の表現」についてもう少し詳しく勉強したいと思います。

「色」の表現方法は大きく分けて2通りあります。

原色を混ぜあわせて光のエネルギーを加算させる「加算混色」と
原色を混ぜあわせて光のエネルギーを減少させる「減法混色」です。

「加算混色」はテレビやモニターのように、
光で特定の色に表現する場合に使われ、
発光体を混ぜ合わせると光のエネルギーが強くなり色が明るくなります。

その合成の元になる色は「光の三原色」と言われ、
レッド(R)、グリーン(G)、ブルー(B)の三色を用います。

オレンジの定義(WEB編).jpg




一方、以前もご紹介しましたが、
「減法混色」はカラー印刷のように、
インク等で物体の表面を特定の色にする場合に使われ、
インクを混ぜ合わせると光のエネルギーが弱くなり色が濃くなります。

その合成の元になる色は「色の三原色」と言われ、
シアン、マゼンタ、イエローの三色を用います。

オレンジの定義(印刷編).jpg


どうです分かりましたでしょうか?


「色」については今後も様々な視点で勉強したことを
ブログでご紹介していきたいと思います。


とにかく「オレンジ色」が好きな方は、
下のいずれかのボタンを押して頂けると嬉しいです!
(「ブログ村ランキング」に参加しています)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 美術ブログ パソコン絵画へ



おきてがみ
ブログをお持ちの方は「置き手紙」ボタンををクリックすると足跡を残せます。
よろしければクリックお願いします。こちらからも伺います!


gamitakaoをフォローしましょう
フォローしてくださると嬉しいです!



posted by ガミ at 04:12 | Comment(4) | オレンジ色の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ〜すごいなぁ。
勉強してる・・・。
好きなものって何時間でも夢中になれたりするのかな。
オレンジはパワーをくれるんだね。
Posted by りんご at 2010年10月07日 18:46
今日新宿御苑近くのギャラリーで写真展を見てきました、その中に’渇く赤い大地’と言う作品があり、ナミブ砂漠の陰影を実に見事に撮影されたもので、赤ではなくオレンジに輝く砂漠の美しさに魅了されました。
 オレンジは厳しい砂漠とは裏腹に温かみを呉れました。
Posted by 小林昭好 at 2010年10月07日 20:27
りんごさん
いつもありがとうございます!
印刷業界が長いので、色に関しましては少しだけ詳しいです!
(上の説明図も自分で一からつくりました)

ただ、光に関しては調べてみたら結構難しく、
これから色々と勉強してみようと思っています!

おっしゃる通り、好きなことの勉強は、
苦になりませんね!

色んな方向性で「オレンジ」を極めたいと思います!(笑)
Posted by ガミ at 2010年10月08日 20:10
小林さん
コメントありがとうございます!
写真展に行かれたのですね!
私も人を魅了できるような写真を撮れるように、
頑張りたいと思います!
そして、個展を開くのが目標です!
その際には是非きてくださいね!
Posted by ガミ at 2010年10月08日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。