オレンジの世界

ホーム プロフィール ブログ オレンジフォト オレンジアート オレンジグッズ オレンジリンク メール

2010年10月07日

オレンジ色を定義する(色の三原色と光の三原色)今日のオレンジ(80)

以前「オレンジ色を定義する(基本編)」でご紹介しましたが、
今回は「色の表現」についてもう少し詳しく勉強したいと思います。

「色」の表現方法は大きく分けて2通りあります。

原色を混ぜあわせて光のエネルギーを加算させる「加算混色」と
原色を混ぜあわせて光のエネルギーを減少させる「減法混色」です。

「加算混色」はテレビやモニターのように、
光で特定の色に表現する場合に使われ、
発光体を混ぜ合わせると光のエネルギーが強くなり色が明るくなります。

その合成の元になる色は「光の三原色」と言われ、
レッド(R)、グリーン(G)、ブルー(B)の三色を用います。

オレンジの定義(WEB編).jpg




一方、以前もご紹介しましたが、
「減法混色」はカラー印刷のように、
インク等で物体の表面を特定の色にする場合に使われ、
インクを混ぜ合わせると光のエネルギーが弱くなり色が濃くなります。

その合成の元になる色は「色の三原色」と言われ、
シアン、マゼンタ、イエローの三色を用います。

オレンジの定義(印刷編).jpg


どうです分かりましたでしょうか?


「色」については今後も様々な視点で勉強したことを
ブログでご紹介していきたいと思います。


とにかく「オレンジ色」が好きな方は、
下のいずれかのボタンを押して頂けると嬉しいです!
(「ブログ村ランキング」に参加しています)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 美術ブログ パソコン絵画へ



おきてがみ
ブログをお持ちの方は「置き手紙」ボタンををクリックすると足跡を残せます。
よろしければクリックお願いします。こちらからも伺います!


gamitakaoをフォローしましょう
フォローしてくださると嬉しいです!



posted by ガミ at 04:12 | Comment(4) | オレンジ色の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

私のオレンジ論(人編) 今日のオレンジ(51)

「オレンジの世界」ブログを始めてから早くも50号。

まだまだ「オレンジ道」を極めた訳ではありませんが、
50回の記事を書いて気づいたことや感じたことなどを
今回は「私のオレンジ論(人編)」として発表したいと思います。

「オレンジ色」のイメージは、
・明るい
・元気
・暖かい
・楽しい

また、記事「オレンジマンに助けられる」「パトロールのおじさん」
「オレンジの吊革」で紹介した通り、
・目立つ(存在感がある)
・安心
・安全
・優しい

更に、記事「東京消防庁隊員」で紹介したとおり、
・勇気
・助ける

更に更に、記事「マリーゴールド」で紹介したとおり、
・健康
・真心
・信頼

などのイメージです!

まとめますと、
「明るく元気で優しくて、勇気と真心と信頼があり、存在感のある楽しい人」が、
「真のオレンジな人」なのです!(通称「オレンジン」)

そんな人に私もなりたい!

ちなみにキーワードが3つ以上あれば「オレンジな人」と言って間違いありません!

過去の記事で、私が「オレンジな人」と断定した人はこちらです。
「オレンジな友人」


それと、ブログを始めてから「私もオレンジ色が好きなんですよ!」と、
言われることが多く、みなさん素敵な方達ばかりなのです。

そこに大きな大発見がありました!

私の「オレンジ論(人編)」の結論は、

「オレンジ色の好きな人に悪い人はいない」


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村


おきてがみ

ブログをお持ちの方は「置き手紙」ボタンををクリックすると足跡を残せます。
よろしければクリックお願いします。こちらからも伺います!


posted by ガミ at 00:46 | Comment(6) | オレンジ色の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

「オレンジ色」を定義する(基本編) 今日のオレンジ(31)

今まで色んなオレンジをご紹介してきましたが、
オレンジを紹介しているうちに、
「これは赤なのか? それともオレンジなのか?」ということで、
結構悩んでしまいます(笑)

しかもはっきりとした「オレンジの定義」というのは、
世の中にはないので、今日のオレンジでは、
私の考える「オレンジ」を勝手に定義したいと思います(笑)

私は紙媒体のデザインを主に制作していますので、
今回は印刷から見た「オレンジの定義」をおこないます。

色を作るには「色の三原色(シアン、マゼンタ、イエロー)」を元に、
それらをかけ合わせることで様々な色を再現しています。

実際にオレンジを作るには、
下記のようにマゼンタとイエローをかけ合わせます。
(この場合シアンは0%)

オレンジの定義.jpg

最初は「マゼンタ80%+イエロー100%」は
「赤」だと思っていたのですが、
以前ブログでご紹介した「東京タワー」が、
「インターナショナルオレンジ」という、
立派なオレンジであることを知り、
「マゼンタ80%+イエロー100%」も、
「オレンジ」と定義しました。

ただし、世の中にある実際のオレンジは、
マゼンダとイエローだけで表現されている訳ではありませんので、
あくまでも「基本オレンジ」ということで、
定義したものに近ければ、それは「オレンジ」と決めたいと思います(笑)

ブログの題名の通り、
「サカガミタカオのオレンジの世界」ですので、
私の独断と偏見で決められるのが嬉しい(爆)

更に同じオレンジでも色合いによって
「◯◯オレンジ」というように名前をつけてしまうのも面白いな〜。
(もう完全に自己満足の世界だ(爆))

ただ、「色」は非常に複雑で難しいので、
色々と勉強しながらブログでご紹介していきたいと思います。


「ブログ村ランキング」に参加しています!
下の「日常写真」ボタンを押して頂けると嬉しいです!
おかげさまで今日現在、18位/2845サイト中

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村



posted by ガミ at 02:48 | Comment(14) | オレンジ色の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。